どこに旅する?

こんな桜は見たことがない!日本一の桜の名所【吉野の山】

去年は、お花見はしないでとの百合子さんのお達しで、

都内の方は、桜を楽しめなかった方もおおかったと思います。

今年はどうでしょうか?

外をマスク姿で歩くだけの、お花見でしたら、リスクは少ないかなと思います。

まだまだ終わりの見えないコロナですが、今年は桜を堪能できるといいですね。

京都や弘前、いろんな桜を見に行ったあめゆきですが、

日本一の桜の名所と言われる吉野の山の桜は格別で、他の桜とはまた違った良さがありました。

今年はもしかしたら無理かもしれませんが、桜は毎年咲きます!

桜の季節にどこかに行きたいなぁと思ったら、吉野の山のことを思い出してみてくださいね。

吉野とは?神様が住む理想の地

桜 見どころ 日本一

朝ぼらけ 有明の月と見るまでに 吉野の里に降れる白雪

百人一首でも有名な歌ですよね。

小さい頃から、なぜかこの歌が好きで、この歌を一番最初に覚えました。

美しい響きですよね。

吉野の桜は、花見の桜ではなく、信仰の桜として大切に保護されてきました。

その起源は約1300年前、山々には神々がいると信じられていた時代。

吉野の山は、神様が住む理想の地として認識されていたそうです。

(なんだか、もののけ姫を彷彿させますよね!)

歴史上の舞台にも、何度も登場する吉野の山。

源義経、後醍醐天皇、豊臣秀吉など、それぞれの史跡も残されており

歴史好きにもたまらない名所となっています。

目に千本見える豪華さの桜

吉野には、およそ三万本と言われる桜が、4月の上旬〜中旬にかけて咲きます。

もう桁が違いますよね!!!

奥千本、上千本、中千本、下千本の4ヶ所に、特に桜が密集しています。

「目に千本見える豪華さ」という意味で、「一目千本」といわれています。

私もはじめていった時、これはなんだ!と思いました。こんな桜は見たことない!と。

桜の一本一本の美しさというより、群です!圧倒されます!!!

私がいった時は、奥千本、上千本、中千本、下千本の4ヶ所、すべて満開です!!!と、

山のふもとのテンション高めな案内の方にいわれたのですが、

山の上と下とでは気温差があります・・

頑張って奥千本までいった所には、桜は一輪も咲いていませんでした・・

そりゃそうですよね!信じた私たち親子がいけなかったです!

奥千本の売店のおじさんに、息を切らして、「この先なにかありますか?」と聞いたら、

「なんもねーよ」と即答。母と二人で笑ってしまいました。

そんなことも旅のいい思い出ですよね!

二人でそのおじさんから買ったオレンジーナを飲んで山を下りました。

(こんなところに母の大好きなオレンジーナが売っていることに感激!)

歩くところも多いですが、バスも走っています。桜の季節は、バスが混みますのでご注意を!

バスを待つのが嫌で、歩いていたら、全身クタクタになりました。

けっこうな坂道なので、バスも使いながら登るのが賢明かなと思います。

・・・そういえば私たちがいった時には、ロープウェイは動いてなかったです!

日本最古のロープウェイだそうで、整備にお金がかかるとお休みされていたそうで・・・

2019年3月に運転再開されていますので、ぜひ日本最古のロープウェイ乗ってみてくださいね!

かの有名な横山大観も描いた、吉野の山の桜。一度見に行く価値はあると思います。

親孝行で、友人、ご家族みなさんで、ぜひ足を運んでみてくださいね!

吉野へのアクセス

私たちは、京都からいったのですが、行きは時間が合わずに、

特急ではない電車に乗ってしまいました。

遠い・・・・・とにかく遠い・・・・・

最初は立っている方を不憫に思っていたのですが、

そのうち座っている方達も座り疲れて、電車内を歩き出しました!笑

お尻が痛くなりました・・・

京都から向かわれる際は、必ず特急で!!!!

もしくは車で行かれる方も多かったように思います。

吉野の山は奈良になるので、翌日には、奈良公園に行って、

鹿に、鹿せんべいをあげながら、桜を見るのもいいですね!

どの桜も一生懸命咲いている

本日は、日本一の桜の見所をご紹介しましたが、

ご自宅近くの公園、道路の桜、どの桜も一生懸命咲いています。

コロナのこともありますので、無理をせずに、

今年の桜を楽しめますように。

「桜は毎年咲きます。」百合子さんの言葉を胸に。

あめゆき

いいなと思ったら、ポチッとお願いします! にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA